--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久司道夫 講演会

2009年10月18日 02:44

今日はマクロビオティックの権威、
久司道夫先生の講演を聴きにいきました。

Image125.jpg

ずっと、久司先生の講演を聴きたいと思っていたので
今回叶いました。

講演のテーマは「人類人間の時代」

久司先生が米国スミソニアン歴史博物館に資料提供した経緯や、このような道に進まれるきっかけとなる子ども時代の気づき、食事の大切さのお話でした。

約1時間半の講演でしたが久司先生の世界愛を感じる時間でした。

私たちは光であり、全ては光、私たちと宇宙は同じ光で、
入ってくるものがあり、発散もする。
私たちは無限の宇宙から来た。
生まれてくる時は息を吐き、死ぬ時は息を引き取る。
音、光を放っておりシンフォニーである。

私たちの肉体は20歳頃で成長は止まるが、成長し続けるものがある。
それは魂や霊というもの、意識や心である。
次へ向かっていく。

ロウソクを例にとって説明してくれました。
ロウソクの火は酸素を使って燃え、
ロウは身体で、その炎、光は波動で心と見なし、
取り入れたものによって、その光、波動が変わる、
ということです。

より良いものを取り入れた方が意識、心は純粋になり、良い波動が出せる、と言うことですね。

そして、この世に地獄は無い、イメージが私たちを束縛している。
世界は自分たちが造り出している。
国境もそう。実際に線があるわけでもなく、私たちがそうだと思い込んでいる。。。
動物性のものばかり食べていると悪夢を見るそうです。


心臓病や癌の各国発症率データなどパワーポイントで発表して下さいました。
肉食の多い国(東欧、アメリカ、韓国等)は心臓病の発症が多いそうです。
ミルクは乳がんの原因となり、卵やチーズは前立腺がんの原因になる、とのお話もして下さいました。
陰性の食べ物は上半身、陽性は下半身へ溜まるって事でしょうね。。。
気をつけなくっちゃっ

鶏やエビなどの甲殻類は身体が硬くなる、リウマチの原因にもなるそうです。

エイズの深刻さも話して下さいました。
1日に11,000人がかかり、95%が貧しい国で。
15000人が15歳以下、10000人が15歳以上。
50%が女性で、40%が15歳から24歳。

私たちは裕福な暮らしをしていますが、
世界の40%は1日200円で生活をし、
20%は1日100円で生活をしている。
その現状も教えて下さいました。

今新型インフルエンザがとても取り出されていますが、
エイズの方が深刻だ、と言っておりました。

そして、最後にこんな一言を伝えて下さいました。

「その人 その人々の命と 夢の糧となって 死ぬこと」

自然界の愛を感じなければならない、
愛によって生き、夢を追いかけることが出来る。

また、最後の最後に久司先生の奥様が登場。
凄い若いっ!再婚なさったのですね。。。

奥様が「和」「私」という漢字についてお話下さいました。
のぎへんは本科植物(穀物)で、穀物を口に入れることによって
「和」が出来る。
「私」は穀物に「ム」⇒鼻の形になっていて、噛む、食む、飲むの「ム」
私が出来上がる。
穀物を一緒に食べることによって和が出来ることを伝えて下さいました。

漢字は奥深い。。。


ダダダッ、と私なりに聴いたことを書きました。
ヨーガに繋がる所もいっぱいあり、振り返る良い学びの時間でした。

私たちの健やかさは決して食事だけではありませんが、
食事から身体と心は変化することは確かだと思います。

これからも、頑張り過ぎず、マクロビオティックを実践して楽しんで行こうと思いました。


今回誘ってくれたまみちゃんに感謝。
ナマステ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yururiaki.blog28.fc2.com/tb.php/4-39e2c412
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。